雑音日記 273

・「The Mozart Piano Sonatas.Vol.4」(Glenn Gould)

 脅威の80枚組コンプリート紙ジャケボックス購入から一年が経とうとしておりますが、このモーツァルトピアノソナタ第4集で46枚目になりました。この一年間大切に聴いてきて充実した音楽ライフを送る事ができましたね。それにグールドに出会ってクラシック音楽の楽しさがようやくわかり始めてきましたよ。
さて、このアルバムにはおなじみの11番と15番が収録されているのですが、耳なじみのこの曲が彼の演奏になると…かっこよいんです!!!。もともとモーツァルトの楽曲は耳は知らなくてもどこかで必ず耳にしている作曲家。演奏のスタイル、リズム、強弱などなど無意識に理解しているようで、そのイメージでこのアルバムを聴くと…全てのイメージがぶち壊れてしまいます(笑)、いや~それが気持ちいいのなんの!!非常に楽しめた作品でしたね。保守的なクラシック愛好者にはどう感じているのでしょうね?。興味があります。。
[PR]

by maria-lamp | 2008-12-09 22:05 | クラシック音楽  

<< 雑音日記 274 雑音日記 272 >>